【資産状況】ポートフォリオ2021年7月第2週

資産状況(ポートフォリオ)

こんばんは。ヒラ会社員のヒラリーです。

今日は2021年7月第2週のポートフォリオをまとめました。

今週のポートフォリオ・評価損益まとめ

取得価格:1,636万円
(前週比):+45万円
評価額 :1,725万円
(前週比):+17万円
評価損益:+90万円(+5.5%)
(前週比):-28万円(-1.9%)

前週と比較すると、-28万円ほど評価損益が悪化しました。
内訳は、日本株が-23万円の悪化米国株は+1万円の良化投資信託は-5万円の悪化でした。

ひとこと

2021年7月2週目の保有資産は、日本株が大きく悪化したため、米国株は少し良化したものの全体でも悪化となりました。

今週の相場環境としては、日本と米国とで対照的でした。

日本では東京都でコロナによる緊急事態宣言が出され、オリンピックでも軒並み無観客とする方針が伝わったため、経済へのマイナス影響などが嫌気されました。

また、麻生財務大臣が台湾の有事における集団的自衛権について言及すると、中国から強い反発があり、地政学リスクも意識されました。

一方で、米国では利上げ懸念などの懸念事項があっても相変わらず最高値の更新をつづけております。
やはり、米国に対する長期的な成長に対する信頼は大きいものがありますね。

そんな中、私は調整した銘柄の買い増しをしましたが、すこし前のめりになってしまっていたと少し反省しています。

今後の戦略はこれまでからほぼ変わらずですが、7月は現金ポジション強化したいと思います。これまでも現金ポジション強化と言いながら「買いたい衝動」に負けてしまっていたので、今回は「200万円現金化」という数値目標を定めたいと思います。

そして8~9月は急落が起きやすい時期のため、そこで押し目買いしていきたいと思います。

資産の拡大のためには、来るべき急落時にまとまった資金を投下する必要があるので、準備をしていきたいです。

この夏~秋のイベントは、コロナ・オリンピック・総選挙など、相場に大きく影響を与える要因がたくさんあり、さらに地政学的なリスクが出る可能性もあるため、情報収集とリスク管理には注意していきたいと思います。

ちなみに、オリンピックは無観客の方針ですので経済効果には期待していませんが、外国人の入国等によるコロナ情勢が起きないか注視したいと思います。

資環境は日々変わっていきますので、情報収集を継続して、投資戦略もしっかり追随できるようにアップデートしていきたいです。

すべてはFIREのために!一歩ずつ頑張っていきましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。