【ポートフォリオ】2021年8月第4週~先週の大幅下落は9割方戻しました~

資産状況(ポートフォリオ)

こんばんは。ヒラ会社員のヒラリーです。

8月もあっという間に月末になってしまいましたね。最近では夜は大分過ごしやすくなってきました。

今日は2021年8月第4週のポートフォリオをまとめました。

今週のポートフォリオ・評価損益まとめ

取得価格:1,836万円
(前週比):+3万円
評価額 :1,953万円
(前週比):+75万円
評価損益:+117万円(+6.4%)
(前週比):+73万円(+3.9%)

前週と比較すると、+73万円ほど評価損益が良化しました。
内訳は、日本株が+54万円の良化、米国株は+8万円の良化、投資信託は+11万円の良化でした。

資産残高の推移

今回、初となりますが今年初めからの資産残高と評価損益のグラフを作ってみました。

17WからジュニアNISAを追加・27Wから妻の口座を追加したため大きく増えているものの、それを抜きにしても、大分順調に資産が増えていっています。

このほかに確定損益もでているので、出来過ぎですね。

ひとこと

2021年8月4週目の保有資産は、日本株を中心に大きく上昇しました。

前週に-95万円悪化していましたが、利確した銘柄もありますので実質は9割方戻した計算になります。

今週の相場環境としては、前週にトヨタショックもあり大きく下げていたところからは少し落ち着きを取り戻した感じでした。

相変わらず日本のコロナは拡大が続いているものの、前週からは若干の減少(ほぼ足踏みですが)となっていたので、投資家心理はあまり変わらずという感じでした。

また、秋の総選挙を前に、自民党の総裁選がありそうですが、岸田氏の出馬が発表されたことなどから政局にも動きが出てきました。

米国については、市場で大注目となっていたジャクソンホール会議が事前の予想通りの内容だったため、安心感につながり相場の追い風となりました。

個人的には悪めのシナリオも覚悟していたのですが、想定よりもハト派な内容だったと思います。

米国のテーパリングタイミングや日本の政治日程はもちろんですが、それ以外の地政学リスクにもアンテナを張っていきたいと思います。

来週の戦略は、前回から継続して、9月中間配当に向けて高配当株の買い増しを狙っていきたいと思います。原資は含み益ある銘柄を利確して捻出したいと思います。

タイムリーな情報はTwitterで発信しているので、よろしければフォローいただけると嬉しいです。

投資環境は日々変わっていきますので、情報収集を継続して、投資戦略もしっかり追随できるようにアップデートしていきたいです。

すべてはFIREのために!一歩ずつ頑張っていきましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。