【運用実績】2021年9月第1週(35W)~政局の秋!総合収支+350万円突破~

運用実績

こんばんは。ヒラ会社員のヒラリーです。

最近は夜もだいぶ涼しくなってきて、すっかり秋なんだなあと思う今日この頃です。

今日は2021年9月第1週(35W)の損益をまとめましたのでご報告させていただきます。

今週の損益まとめ

  • 確定損益   :+9万円(累計+192万円)
    ┣ 内、売買損益:+0.1万円(累計+168万円)
    ┗ 内、配当等 :+2万円(累計+24万円)
  • 含み損益   :+164万円(前週比+47万円
  • 総合収支   :+356万円(前週比+49万円)

※税引き前表示です(税金は年末に集計します)
※前年までの繰越はリセットしました

9月第1週は売却益+0.1万円配当金等+2万円でした。評価損益は+164万円で前週から+47万円と大幅に続伸し、今年の「確定損益+含み損益」トータルの総合収支は+356万円と今年最高を記録しました。

50万円刻みで表示しているグラフも目盛りを400万円まで増やしました。

ひとこと

2021年9月1週目は、日本株を中心に大きく上昇しました。

2週前に-95万円悪化しましたが、前週は+73万円戻し、今週はさらに+47万円上昇しました。
2週間の間にジェットコースターのように動きましたが、結果的に今年最高の成績になっています。

■今週の相場環境

菅首相が総裁選不出馬を表明し、日本の政局に大きな動きがありました。政権の不透明感は基本的には株式相場にマイナスに働きますが、今回は支持率低下に苦しむ政権から新たな首相が誕生することで総選挙での優勢が維持されそうであることが好感されているものと思われます。

しかし、安倍元首相が推している高市氏は金融所得50万円以上の課税を現在の20%から30%へ増税するなどの政策を主張しているため、個々のニュースにより相場が影響を受ける可能性もあるため、注意していきたいと思います。

コロナ情勢は相変わらず多くの感染者を出しているものの、前週からは減少傾向が続いているため、投資家心理は好転してきているように見えます。

米国については、市場で大注目となっていた雇用統計が市場予想+72万人を大幅に下回る+23.5万人となりました。短期的にはハト派寄りになり市場は上昇で反応しそうな気がしますが、常にセオリー通りにいかないのが相場なので、油断はしないようにしたいと思います。

■来週以降の戦略

前回から継続して、9月中間配当に向けて高配当株の買い増しを狙っていきたいと思います。原資は含み益ある銘柄を利確して捻出したいと思いますが、利確や現金化が下手なので、勉強していきたいと思います。。

また、日本株は選挙では上昇するアノマリーがあるため、ホールド強めで行きたいと思います。

タイムリーな情報はTwitterで発信しているので、よろしければフォローいただけると嬉しいです。

投資環境は日々変わっていきますので、情報収集を継続して、投資戦略もしっかり追随できるようにアップデートしていきたいです。

すべてはFIREのために!一歩ずつ頑張っていきましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。