【FX自動売買】トラリピ運用実績(2021年10月)

FX自動売買

こんばんは。ヒラ会社員のヒラリーです。
あっという間に10月も終わり、2021年も残すところ2か月となりました。最近は薄手のコートが活躍しています。

今日は私の利用しているFX自動売買「トラリピ」の運用実績について紹介させていただきます。

FX自動売買とはなにか?トラリピとは?

FX自動売買ってなに?トラリピって?という方は、下記の記事をご確認ください。

トラリピの運用実績を報告し始めた際に、内容について詳しくご説明させていただきました。

トラリピ運用実績(2021年10月)

次に私の運用実績について紹介します。

運用状況は下記のとおりです。

■確定利益
・2021年累計 :+333,236円
・2021年1月 :±   0円
・2021年2月 :+10,612円
・2021年3月 :+38,562円
・2021年4月 :+25,384円
・2021年5月 :+33,816円
・2021年6月 :+44,416円
・2021年7月 :+49,418円
・2021年8月 :+44,575円
・2021年9月 :+42,891円
・2021年10月 :+43,562円

■評価損益
・2021年10月末:-165,423円
  (前月比)  : -46,872円
■資産残高(時価評価額)
・2021年10月末:2,104,198円
  (前月比)  : -7,168円  

ひとこと

今月も順調に確定利益が積み上がってきました。
トラリピのプランを2月以降で徐々に見直してからは収益力も上がってきまして、毎月4~5万円ほどのリターンが出ています。

このペースを継続できれば年間50万円程度の収益源も狙えると思っています。

また、先月まで含み損が拡大しておりましたが、主にAUD/NZDが再度下落しましたので、10月は含み損が拡大しました。

トラリピの特徴として「下落時に買い/上昇時に売り」を繰り返すため、利益確定の前に「ポジションを仕込んで含み損になる」タイミングが出てきますので、そこで持ちこたえられるだけの資金管理が重要になってきます。

トラリピに限らず、FXはレバレッジ管理ができていないと、痛い思いをすることになるので、発注量が適切であるか(リスクを取り過ぎてレバレッジが高くなっていないか)という点は意識して、前のめりにならないように気を付けたいと思います。

私はFX歴10年超ですが、これまで何度も痛い思いをしてきました。同じ失敗をしないように教訓を活かしていきたいと思います。

ちなみに、現在トラリピを仕掛けている通貨は以下の3ペアになります。
・USD/JPY
・EUR/GBP
・AUD/NZD

設定内容などは別途ご紹介させていただこうと思います。

基本的には放置のトラリピですが、今後も月に1度くらいの頻度で実績報告していきたいと思います。

すべてはFIREのために!一歩ずつ頑張っていきましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。