【ポートフォリオ】2021年11月第4週~激震!コロナに新たな南ア型変異株~

資産状況(ポートフォリオ)

こんばんは。ヒラ会社員のヒラリーです。

コロナに新たな南ア型変異株が発見され、世界中が大混乱となっています。投資環境も激変することが想定されますので、注意していきたいと思います。

今日は2021年11月第4週のポートフォリオをまとめました。

11月第4週のポートフォリオ・評価損益まとめ

取得価格:1,967万円
(前週比):+7万円
評価額 :2,100万円
(前週比):-41万円
評価損益:+133万円(+6.7%)
(前週比):-47万円(-2.4%)

前週と比較すると、-47万円ほど評価損益が悪化しました。
内訳は、日本株が-26万円の悪化、米国株は-13万円の悪化、投資信託は-8万円の悪化でした。

11月第4週までの資産残高・含み損益の推移

資産残高と含み損益の推移グラフです。

日本株・米国株ともに大きく下落しました。資産残高は多少減少してしまいましたが、今年の推移をみるとまだまだ高値圏であることは変わっていません。

今年の傾向としては、ピンクの折れ線グラフからわかるように、大きく下げても1~2週後には上昇するという傾向が続いています。このパターンが今回も当てはまるか、見極めていかなければいけませんが、これまでは押し目買いが奏功する展開となっています。

※17WからジュニアNISAを追加・27Wから妻の口座を追加しています

11月第4週の相場環境まとめ

2021年11月4週目は、日本株・米国株ともに大幅下落しました。

週後半に新型コロナで新たな南アフリカ型の変異株が発見されたことに伴い、世界的に投資環境が悪化しました。

国内外でのその他の話題がそのコロナ報道でかき消されてしまった感さえあります。

来週以降も新たな報道に一喜一憂しながら相場とにらめっこする展開が続くものと思います。

今後の投資戦略について

投資戦略は先週から大きくは変えませんが、コロナの状況によって世界的なリスク要因が一気に高まりかねない状況になりましたので、一層情報収集しながら慎重になりたいと思います。

大まかなイメージは変えないつもりでいます。

10月末から4月までは株式相場は上昇傾向となるアノマリーがありますが、年末までと年明け以降で大きく分けて考えています。

・年末まで
 上昇局面で少しずつ利確を狙うとしていましたが、コロナの変異株により下振れリスクが大きくなったと思うので、少し現金化を強めにしたいと思います。
 例年では年末までは株価は強含む傾向にありますが、これまで過熱感が強く高値圏で推移しているため調整が入る可能性もあると思っています。また、12月には米国の債務上限問題が再燃や、中国不動産業界のリスクもくすぶっています。

 また、年末に向けては税金支払いを減らすために『損出し』もしていきたいと思います。

・年明け~春まで
 ”先のことはわからない”というのが大前提ですが、『10月買いの4月売り』のアノマリーのように、秋から春にかけては上昇する傾向が強いため、年末付近の調整を乗り越えた後は、春にかけての値上がりを期待して、押し目を拾ってホールド強めで行きたいと思います。

 

 

投資環境は日々変わっていきますので、情報収集を継続して、投資戦略もしっかり追随できるようにアップデートしていきたいです。

日々のタイムリーな情報はTwitterで発信しているので、よろしければフォローいただけると嬉しいです。

すべてはFIREのために!一歩ずつ頑張っていきましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。