【注目銘柄&保有銘柄】マネックスG(8698)

銘柄情報保有銘柄、注目銘柄

銘柄紹介

本日は、【注目銘柄】かつ【保有銘柄】である、マネックスG(8698)をご紹介いたします。

ネット証券の大手で、香港やアメリカ・豪州にも展開しております。また仮想通貨取引所のコインチェックの親会社でもあります。

やはり最近思うのは、コロナ禍によって数年分の技術革新や環境変化が一気に進んでおり、その中心にはインターネットやITを中心とした企業群がいるということです。
それは米国株でGAFAM(グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン・マイクロソフト)が急伸していることが象徴していると思います。ちなみに2020年5月にはGAFAM5社の時価総額合計(560兆円)が東証1部の約2170社の合計(550兆円)を上回っています。。。

話は戻りますが、このマネックスG(8698)もネット証券業を中心としてテクノロジーにより新たな価値を生んでいこうとしており、成長余地は大きいのではないかと考えています。

さらに、直近の指標は以下の通りで、そこまで割安とは言えない水準かと思いますので、押し目を拾っていく戦略にしたいと思っています。

  • 配当利回り:2.23%(前提:配当金5.9円/株、株価8/21時点265円)
  • 株主優待 :マネックス証券口座で使用できるポイント
  • 予想PER :13.38倍(前提:EPS19.8円、株価265円)

また、昨今の事業環境からすると、証券取引の手数料ゼロ化の波によって収益が厳しくなることが予想されますので、ほかの収益源を探す必要がありますが、その一手として遺産整理代行『Web相続』や投資助言行うIFA事業開始を開始し、アセットマネジメントの領域の拡大を図っているようです。
さらには最近仮想通貨の値上がりによりコインチェックの業績が伸びていくことも想定されると思います。

週足で直近一年を見るとこのような感じでして、コロナショックからV字回復とは言えませんが、レの字で回復しており過熱感はないので今後も上昇していくのか注目していきたいと思います。

保有状況

私がこちらの銘柄を気にしだしたのは2019年の初めころで、上記で記載させていただいたような理由から注目し、適宜購入&利益確定を繰り返しておりまして現在に至ります。
中期的には成長を期待しているので、(あまり大きなポジションは持てませんが)押し目を拾って過熱感が出たら利確をして長いおつきあいをしていきたいと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。