【ポートフォリオ】2022年1月第1週~2022年スタート!新年は下落しがち~

資産状況(ポートフォリオ)

明けましておめでとうございます。2022年もよろしくお願いします。

どうもこんばんは。ヒラ会社員のヒラリーです。

2021年もあっという間に終わってしまいましたね。2022年の目標などは追々書いていきたいと思いますが、今日は2022年の一発目となる、1月第1週のポートフォリオをまとめました。

1月第1週のポートフォリオ・評価損益まとめ

取得価格:2,001万円
(前週比):+16万円
評価額 :2,188万円
(前週比):-21万円
評価損益:+186万円(+9.3%)
(前週比):-38万円(-2.0%)

前週と比較すると、-38万円ほど評価損益が悪化しました。
内訳は、日本株が-17万円の悪化、米国株は-11万円の悪化、投資信託は-10万円の悪化でした。

1月第1週までの資産残高・含み損益の推移

資産残高と含み損益の推移グラフです。

先週からは下落しました。さて2022年はどんな年になるでしょうか。

2022年は金融相場から業績相場に移行する年と言われているため、昨年のようにずっと持っていれば報われたパターンは続かないいかもしれませんが、しっかり見極めていきたいと思います。

■2022年の推移

ご参考までに、昨年の推移を載せてみました。

■2021年の推移

1月第1週の相場環境まとめ

2022年1月1週目は、日本株・米国株ともに下落しました。

新年は北朝鮮のミサイル発射に始まり、FOMC議事要旨のタカ派発言に動揺し、今日統計と3連休を見極めるために様子見をしていた1週間となりました。

来週以降も話題には事欠かない展開になるような気がしています。笑

今後の投資戦略について

これまでと大きく変えるつもりはなく、『10月→4月の上昇傾向』のアノマリーを意識したものとなっています。

”先のことはわからない”というのが大前提ですが、『10月買いの4月売り』のアノマリーのように、秋から春にかけては上昇する傾向が強いため、年末付近の調整を乗り越えた後は、春にかけての値上がりを期待して、押し目を拾ってホールド強めで行きたいと思います。
ただし、FRBのテーパリング加速や利上げ前倒しにより相場が大きく下げる年になるという情報もあるため、軟調な展開が続くことも覚悟しています。

 

 

投資環境は日々変わっていきますので、情報収集を継続して、投資戦略もしっかり追随できるようにアップデートしていきたいです。

日々のタイムリーな情報はTwitterで発信しているので、よろしければフォローいただけると嬉しいです。

すべてはFIREのために!一歩ずつ頑張っていきましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。