【売買情報】2020年9月第2週の取引内容

売買情報,未分類

9月第2週の取引についてまとめました。

売買銘柄の一覧

今週は新規購入&買い増しと、一部利確を行いました。それぞれの売買理由について振り返りたいと思います。

  1. エスクリ(2196)        :購入(新規)
  2. ツカダ・グローバルHOLD(2418) :購入(新規)
  3. アイモバイル(6535)      :購入(追加)
  4. Zホールディングス(4689)    :売却(一部)

1.エスクリ(2196)  

  • 会社概要
    専門式場、ゲストハウス等多様な業態で展開しており、駅ビル・駅近の展開が特徴です。受託、M&A、海外展開もしているようです。
  • 新規購入した理由
    下記リンクの記事で先日紹介させていただきましたが、ブライダル業界はコロナで挙式の一時中止・延期になっていますが、今年結婚式を予定していた人や結婚検討していた人は、落ち着いたらいずれ挙式を実施するのではないか?つまり、需要の先送りをしているだけなので、時期が来たら先送りされた需要も含めて一気に回復する時が来るのでは?と予想しました。

今期は業績見通しも(コロナが今期のみの要因とすれば)アテになりませんので、前期の数値をベースに各指標を見ますとこのような感じです。

  • 自己資本比率:32.18%
  • PER    :9.36倍
  • PBR    :0.57倍
  • 配当利回り :4.41%
  • 出口戦略
    上記リンクの記事でも『コロナ前水の800円水準』が一つの目安になるため、その直前の700円水準から売却タイミング検討したいと思います。

週足で直近一年を見るとこのような感じです。

2.ツカダ・グローバルHOLD(2418)

  • 会社概要
    欧米風邸宅での挙式・披露宴を行う婚礼が主力の事業で、ハワイ・バリ等にも展開しております。また、ホテル事業も拡大中のようです。
  • 新規購入した理由
    こちらも上記のリンクでエスクリと一緒に取り上げていますがブライダル業界ということで、同じ理由で購入しました。
  • 出口戦略
    上記リンクの記事でも『コロナ前水の600円水準』が一つの目安になるため、その直前の500円水準から売却タイミング検討したいと思います。

前期の数値をベースに各指標を見ますとこのような感じです。

  • 自己資本比率:37.65%
  • PER    :5.34倍
  • PBR    :0.37倍
  • 配当利回り :3.48%

週足で直近一年を見るとこのような感じです。

3.アイモバイル(6535)

  • 会社概要
    広告配信ネットワーク大手。ふるさと納税事業(ふるなび)が成長中。
  • 売買した理由
    下記リンクの記事で2週間前に購入した際にも紹介させていただきましたが、以前からふるさと納税ポータルサイトの銘柄を気にして打診買いしていましたが、上昇基調になりそうなチャートに見えたため、買い増ししました。
    9/10の決算発表で今期の利益予想を前期比11%増の25億円と発表したことが好感され9/11はストップ高となりました。
  • 出口戦略
    下記リンクの2週間前の時点では、『2018年高値1,495円や2019年高値1,051円からすると一旦は1000円が目安』といっていましたが、あっさり突破してきましたので、あっさりの前言撤回にはなりますが(笑)再度検討したいと思います。
    19年度高値1,051円は超えてくると思いますが、ふるさと納税が盛り上がっていた2018年度の高値1,495円は厳しいと思うので、その間になると思っています。

週足で直近一年を見るとこのような感じです。

4.Zホールディングス(4689)

  • 会社概要
    事業内容はヤフーや関連の広告・金融・EC事業だけでなく傘下にZOZOやPayPayなどを持ち、ネットサービスを核に様々な事業を手掛けています。
  • 売買した理由
    下図のチャートを見たときに、直近の過熱感が終わり、値崩れし始めたように見えたため、次回の押し目買いに備えて一部利確することにしました。
    一応、25日移動平均線を終値で割り込んだので翌日の決済を意識しました。

また、反転しそうな状況になれば中期的に買い増ししていきたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。