【売買情報】2021年4月第2週の取引内容

売買情報

こんばんは。ヒラ会社員のヒラリーです。
遅ればせながら、4月第2週の取引についてまとめました。

本業のサラリーマンが忙しかったこともあり、定例の米国ETFのみの購入となりました。
売買理由について振り返りたいと思います。

  1. SPDR SP500 H DIV(SPYD) :購入(追加)

1.SPDR SP500 H DIV(SPYD)

毎度おなじみの米国高配当ETFです。今後も米国高配当株のウェイトを増やすために毎週4口(2万円くらい)の規模で定期的に購入していきたいと思います。

毎週4口買っていくと2021年12月末時点では大体200口くらい保有することになり現在の単価ベースで80万円ほどになりますので、少なくとも今年中は現状のペースで買い増ししていきたいと考えています。

以下は、以前紹介させていただいた内容と概ね同じではありますが、銘柄紹介させていただきます。

  • 銘柄概要
    【S&P500】の【高配当株式】をあつめた【ETF】です。
    もう少し説明しますと、S&P500高配当指数(S&P 500 High Dividend Index)に連動するように運用されていて、S&P500株価指数構成銘柄の中の高配当利回りの上位80銘柄で構成されています。
    これまでの分配金実績としては、分配金利回り4%を超えており、安定して高いパフォーマンスを叩き出しています。

ひとこと

今週は本業が忙しく、更新が遅くなってしまいました。

相場格言の【節分天井・彼岸底】からの【セルインメイ】を参考にすると、4月中に現金比率を高めておくのがよさそうです。

もちろん、格言通りになるとは限りませんが、最近は投資家たちの買い疲れの気配も感じますので、何かのきっかけで下落することも想定しておくようにします。

ここまで読んでいただきありがとうございました。