【運用実績】2021年8月第3週(33W)~急落は反発を狙う好機か~

運用実績

こんばんは。ヒラ会社員のヒラリーです。

今日は2021年8月第3週(33W)の損益をまとめましたのでご報告させていただきます。

今週の損益まとめ

  • 確定損益   :±0万円(累計+181万円)
    ┣ 内、売買損益:±0万円(累計+159万円)
    ┗ 内、配当等 :±0万円(累計+22万円)
  • 含み損益   :+44万円前週比-95万円
  • 総合収支   :+225万円前週比-95万円

※税引き前表示です(税金は年末に集計します)
※前年までの繰越はリセットしました

8月第3週は売却益ナシ・配当金等ナシでした。評価損益は+44万円で前週から-95万円と大幅悪化し、今年の「確定損益+含み損益」トータルの総合収支は+225万円と縮小してしまいました。

ひとこと

2021年8月3週目は、日本株の急落に捕まってしまいました。。

含み益は前週の+139万円から+44万円へと3分の1くらいになってしまいましたが、逆に、
 ①まだ含み益が+44万円残っている(含み損になっていない) 
ことや
 ②今年の確定利益が+181万円も出せている
(まぐれですが)
ということを冷静に認識して、急落にアタフタしないようにしたいと思います。

ただ、これまで下落に巻き込まれないようにと思いつつも、現金化にうまく対応できなかったことは反省点です。

今週の相場環境としては、相変わらず日本はコロナ拡大が続いており、さらにはトヨタが部品調達難から4割の減産発表をしたことで相場が大きく崩れました。

米国については、テーパリング懸念がありつつも最近のコロナ拡大を受けてテーパリング延期観測がでてきたこともありグロース株中心に持ちこたえていました。

8月は相場が荒れるアノマリーがありますが、今週の下げで終わるのか、さらに下がるのか予断を許さない状況だと思いますので、引き続き情報収集していきたいと思います。
米国のテーパリングタイミングや日本の政治日程はもちろんですが、それ以外の地政学リスクにもアンテナを張っていきます。

来週の戦略としては、9月の中間配当に向けて、今週値下がりした高配当株の買い増しを狙っていきたいと思います。原資は含み益ある銘柄を利確して捻出したいと思います。

タイムリーな情報はTwitterで発信しているので、よろしければフォローいただけると嬉しいです。

投資環境は日々変わっていきますので、情報収集を継続して、投資戦略もしっかり追随できるようにアップデートしていきたいです。

すべてはFIREのために!一歩ずつ頑張っていきましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。